いとしい女房


歳をとると、離婚する夫婦が多い。

自分もそのような状況にあって、その難題をくぐりぬけていた。

本音の話し合いを無くして夫婦関係は無い。

歳をとれば利害関係か?

いや違う、いつまでもお互いが必要としている存在になっていなければ

離婚は仕方ないと思う。

スタートが肝心だ、自分は、結婚をした時に心がつながっていない

夫婦になったらそれは、仮面家族なので自分は別れると言っていた。

実際年齢を重ねる毎に、色々な問題があり、特に自分にある事も多いのだが

最終的には妻に戻る

精神的浮気はあっても肉体的浮気はしていない。

度胸が無いわけでは無い。 妻をそして家族を愛しているからだ・・。

その積み上げがあり、今の自分がある。

だからいつでも言える。 かっこを付けた夫婦では無く、いつまでもお互いを意識できる

夫婦でいれると・・。

歳をとれば色気は無くなる? いやそうでは無いと思う。  お互い永遠の色気をもって

いやらしい夫婦で良いんじゃないか?

生きている限りは。  何故みんなと同じように枠にはめて、歳をとらなければいけないのか?

人生は一度である。 好きなように生きて、好きな様に女房を愛して何が悪いのか?

生きている時には、お互い全てが好きでは無い時が多分にある。

嫌いな部分も好きなうちである。中々そのような人生を超越したような神のような考えを

持つことはできないが、いつも愛があっても良いのではないのか?

80歳になっても90歳になっても人を好きになれる自分でいたい。

それが自然だ。 

まだ何十年も先の話だが、人は永遠に人で神では無い。

異性を好きになることや、草花をきれいに思う感情と全く同じではないか!

歳をとると恋愛は気持ちが悪いと言う人がいるが、本当にそうなのか?

感情の向く方法が異なるだけで愛する気持ちがあって自然では無いのか?

その気持ちも無くなる本当の老人にはなりたく無い。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

たかはしけいこ
2017年12月21日 00:12
奥の深い文章につい引き込まれて読んでしまいました。私はそこまで考えたことも無く、少林寺マスターの思慮深さと繊細な一面を見た気がした。魚ともそうやって息を合わせているのかも…深い…マスター本当は何者ですか?
(?_?)
少林寺マスター
2017年12月21日 21:34
たかはしさん、コメントありがとう。
自然体で普通のエロイ爺さんです。😉
自分に正直に生きたいだけです。
話は変わりますが、高橋さんの
江南の春 聴きたいです。
お会いできる機会がありましたら
音源戴ければ最高なんですが…。