久々に情熱が伝わる新車発表が・・・。

若い時に憧れたライトウェートスポーツカーが、手ごろな値段でトヨタとスバルより発売された。

メーカーの手下では無いが、あなたと車、どんな物語がありますか?

のキャッチコピーが素晴らしい。

画像


自分も3年前に手放した愛車を思い出した。

7人乗りだった。

15年付き合ってくれて、走行距離は24万Kmに近かった。

この歳月は、子供の成長と一緒に家族の思い出を作ってくれた。

古女房と同じくらいの愛車だった。

その名前はマツダ MPV グランツGR4 だ!

もっと乗っていたかったが、さすがに距離数からくる老朽化は・・。

残念であったが手放す事になった。

廃車の引退宣言をする迄に、色々な思い出が蘇り、

自分の分身の様に心が痛んだ。

”形ある物はいつかは、壊れる 永遠は無い” と分かっていても

ヤッパリ悲しい。

画像


そんな愛車と別れて今は、スズキエスクードに乗っている。

基本は、個性ある車で、あまり他の人が乗っていないと言う点だ!

ただ、今のご時世には一寸燃費が悪すぎる欠点がある。

それは、2.4リッターと言う排気量にもあるが、

この手の車を気持ちよく運転できる為には、最低限の排気量だと思う。

エスクードとも5万Kmを超えた。

この愛車と離別し、他の愛人(愛車)となる頃には、ディーゼルエンジンの

ハイブリットが全盛になっているのではと思う。

それにしても、楽しい車で・・。

そんな車を乗っていても、トヨタとスバルの新車は魅了的だ

セクシーで男の本能をくすぐる。

現在は、草食系男子なる者が増えているとの事だが、

若い頃のフォーク全盛期を振り返ってみると、

その時代の男子も今と同じ草食系の男子が多かったと

思う。だから時代は変わっていないのだ。

車が男のステータスであった時代とは異なり

根本的に異なるのは、交通手段が充実している事

ガソリンの単価が高い事、給料が安い事、女性が強くなった事、

趣味の種類が増えた事くらいだと思う。

皆さんはどのように、思いますか?


画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント