原発はどうなるの??

昨年の3月11日に発生した地震による津波発生。
その自然災害から発生した原子炉制御電源の喪失、
燃料棒の冷却不能による水素爆発
*燃料のペレットを保護するジルコニウムと言う金属が
 冷却水と反応し、水素が形成され点火源があれば、
 即 爆発するそうだ。

元を正せば、自然災害ではあるが、
日本の原発は絶対に事故が発生しない等
他の事故からの教訓を学んでいない、利益体質の経営姿勢が
このような大惨事を招いていると思える。
いつの間に、こんな天狗になったのだろうか?
社員にまん延している「事故は絶対におきない」と言う思想
知人に東京電力社員がいるが、事故前には
原発反対なら、電気を使うな等を平然と語っていた。

だから東電の全社員が悪いとか嫌いだとか
等とは言うつもりは無い。
やはり経営者の考え方に他ならない。
トップにいる者は、常に部下に与える影響を考慮し
行動をすべきだ。
社員は、トップの方針に従い、忠実に行動する以外
成す術は無いからだ・・・。

事故が発生し、ベントをしても放射能が外部に
漏れないような、フィルターを設置する。

万が一圧力容器内で水素が発生すれば
爆発限度以下に置換できるイオン交換樹脂
の設置をする。

最低でも再稼働にはこの様な仕組みが必要と
思う。

こんな安全対策を実施もせず
納期が2年先、3年先の計画でも安全と宣言する与党。

まったくと言って、福島の事故を学んでいない。
原発絶対反対の反対論者では無いが、このまま原発を
運転して良いのか?

廃炉する迄、技術は必要だと思えるし、
単純に否定だけでは、世界に通用する原子工学や
圧力容器の製造技術等、世界№1の技術が衰退する。
又、急激な産業構造の転換もリスクが大きすぎる。
東電の社員やそれを取り巻く産業は?
中小企業の社員だっている。
自分はその産業に携わっている訳では無いが
原発で生活している一般の社員の数はどの位か?
原発のトアル市長も、地場産業と言っている位に
関わっている人間が多くいる。
その人達の生活はどうなのか?

原発に関わっている人は被害者の事を思うと
声を出して原発は必要だとは言えない。

今、早急に結論を出して良いのだろうか?
その前にきちっとした方向性を決めないと・・・。

未来のエネルギー政策を具体的に
語らずに原発停止も運転も反対である。

皆さんはどう思います。?
自分は直接の被害者じゃ無いから
そんな事言っているんだろう、なんて思いますか?









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント