我が家へLEDシーリングライトがやって来た。

前回の1月6日のブログに記載した
シーリングライトが今日届いた。
アイリスオーヤマ製 SG-8N 41W 3600lm 6~8畳仕様である。
早速、梱包を開け設置の準備をした。
引っ掛けシーリングは、元から設置してあるので
今回梱包されてきた、アダプターをその引っ掛けシーリング
に差し込み、アダプターとLED照明器具本体を結合するのみだ。
傾斜しているところや、部分的に突起している天井の場合
設置できない事があるので、仕様を確認してから
購入してください。
画像

画像


箱から取り出したのがこれだ。
画像


引っ掛けシーリングのアダプターはこれだ。
画像



LEDのシーリングライトを交換する前に
現状のサークライン、FCL-30WとFCL-32Wの
2灯用照明器具の直下照度を床面位置で測定してみた。
勿論、蛍光灯はウォームアップが必要な為、30分後の
光束が安定してから測定を開始した。
天井高さ 243㎝ 
画像


測定機器 HIOKI DIGITAL LUX HI TESTER
現状の照度は、177LXである。
画像


設置後の照度を測定した。
最高照度で273LXだ。(4段階調光の最高段階レベル)
照度アップ的には、約1.5倍となった。
画像

画像

目的は達成できたが、せっかく調光ができるのだから
4段階の調光を1段階~4段階まで測定して見た。
第一段階調光レベルの照度は、76LXだ。
レベル的には、廊下等の照明レベルだ。
画像

第2段階調光レベル照度は、137LXだ。
画像

第三段階調光レベルの照度は、201LXだ。
従来のサークラインより1.13倍の照度で気持ち明るい
感じがする。
画像

自分的には、やはり最高照度の273LXの
点灯が気持ち良くスッキリ感があり好きだ。
LEDの照度にも(光束lm表示)だけでは、不安であった為
4.5畳の部屋に6畳~8畳用のワンランク上の照明器具を選定した事は
正解であった。
明る過きれば、減光ができるが、元々光束(lm)が低い物を選定すると
照度不足で痛い目にあう。
今回の改造は大成功!!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント