エアコンの電源工事する

今日は、待望のエアコン2台が

設置される。

それと言うのも、来年の消費税増税前に

旧型のエアコンを省エネタイプに

変更したいと思ったからだ・・。

計画的な変更であるが出費が・・・。

基本エアコンの電源は、100Vが多い。

しかし省エネの概念からすると

電圧が高い方が消費電流が少なくて

済む為、電源盤から遠い位置に設置

するエアコンのコンセントは

配線で損失する電力が

1/4=になる。

エアコン単体の機能で比較すれば

今はコンピューター制御で尚且つ

インバーターでコンプレッサーを

制御しているので、本体の電圧が

200Vか100Vかは余り影響が無いかも!

製品単体だけのリスクでは

電圧が高い場合、極論を言えば

漏電のリスクが高くなるが

しかし、今 絶縁材料の進歩によって

その様な心配は皆無だ。

と言う事で、ホーム分電盤内を改造して

100V→200Vへ変更する事にした。

HB型ブレーカーのブスバー交換

とコンセントを単相200Vへ変更だ。

この工事には、資格が必要なので

一般の人は自分でできても法律違反

となるので、実施しないでください。

火災等の原因になります。

そう言う自分は、勿論有資格者です。

色が違うのが2P2EタイプのMCBだ。



画像


撤去したMCB
画像


新設したコンセント
画像


仕上げは、絶縁抵抗を測定して
画像


無限大で絶縁測定も問題無し。

これで準備万端となった。

午後からは、エアコン本体の設置となる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント