歳をとっても教育と教養が必要だ・・・。

はて?

その言葉の真意とは・・・。

定年を間近に控えて胸に染み入る

言葉であった。

人生、一生勉強ではあるが、

歳を重ね、定年になっても

定年を何十年も前に過ぎた人も

人生に於いて教育と教養が

必要だという意味は・・。

今日 行く所の話と

今日 用を足す所の話である。

この言葉を、妻から聞いた。

勿論、妻がこの様な発想を

できるはずは無いが・・・。(^_^;)

何と薀蓄のある話なんだろうか?

「人間目的が無い人生を送っていると

不健康になりますよ。」

と言っているのだ。


昨今、厚生労働省から

2012年度(平成24年度)の平均寿命と

健康寿命の発表があった。

平均寿命は

女子は、86.41際で世界1位

男子は、79.94歳で世界5位

である。しかし、

自立した生活ができる

健康寿命は


女子で73.62




男子では、70.42歳
との事。

この事から平均寿命まで生きられた

として、

男子は9年余り


女子は12年余り


自立ができない生活


となっているのが現実である。

自立した生活が送りたいのなら

今からでも、教育

(今日行くところを探し)

教養(今日しなければならない事を考えて)

行動する準備して、

健全な肉体を維持すべきだ。

今、加齢に伴う運動器疾患が

急増していると言う。

変形性膝関節症、

変形性腰椎症、骨粗しょう症が

大半で、1つ以上の診断名の人は、

約4700万人推定されると言う

報告もある。

「ロコモティブシンドローム」と言う

日本整形学会で定義している

傷病がある。

「運動器の障害により既に、

要介護になっているか

要介護になるリスクが高い状態」

を言うそうだ。

死因は相変わらず、がん、

心臓病、脳血管疾患

が多いそうであるが、健全な頃から

運動と食事に注意し、自立した生活

ができる人生で過ごせるように

日々教育と教養を

実践したいものだ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント