平成25年福島岳風会吟道大会

早朝からスーツを着用し

気分高揚で集合場所へ

出発。

その後、バスで福島市公会堂へ

向かいました。

画像


そうです、目的は福島岳風会吟道大会

の参加です。

画像


会場へは、2時間半程度で

到着したと思います。

公会堂には、沢山の老若男女が?

収容人数は、1F、2F 合わせて

1273人の会場に

8割程度入っていました。

画像


画像


午後に開演となりました。

画像


大会次第に則り

開会式で大会主催者挨拶

来賓挨拶祝辞等の後

吟を演じながら書道ガールが

大筆にて鶴ヶ城の文字を・・・。

画像


画像


その後、合吟と言って大人数で

同じ吟を演じる順番が

来ました。

いわき男子達の写真は

残念ながらありません。

自分はその中に混じって

「 将に東遊せんとして壁に題す 」

釈 月性 作

を思いっきり吟じる事が

できました。

本当にスッキリしました。

更にいわき女子のメンバー

の順番となりました。

今も美しい(^_-)-☆

女子の心に響く合吟を

聞きながらシャッターを

切りました。

吟題は、「山間の秋夜」

真 山民 作

画像


その後も引き続き

各支部の構成吟が続き

飽きずに吟に耳を傾ける

事ができました。

終了間際には、東北代表として

コンテストに参加する人の

模範吟が披露されました。

やはり、代表される人の吟は

心に響くなと感じました。

迫力が違います。

その時です、吟は演歌に

近いなと・・。

素人の感想ですので

吟道に精通されている方は

大きな気持ちで許してやって

ください。

役員の詩吟も素晴らしい響きが

公会堂全体に行き渡っていました。


今回、この吟道大会へ参加して

他の支部の実力や

知らなかった吟題に会うことが

でき、非常に有意義な時間でした。



今後は受験準備です。

頑張らなくては・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント