福島原発汚染水の堰問題

福島第一原発の汚染水問題は

” 今更何を ” と思う出来事が

一杯ある。


画像



汚染水が漏れた時に

外部へ流出しないように

設ける堰については、

消防法等で適用される

危険物貯蔵タンクの

堰と同じ考えだ。

それは、万が一タンク内の

燃料が完全に漏れても

堰で止り外部へ流出

しないようにする役割だ。

原発の汚染水貯蔵タンクも

同じ目的で堰が設置されて

いる。その堰の運用は

原子力規制委員会に指摘

される最近まで、排水弁を

常時開として運用して

いたそうである。

点検もおろそかにしている

事でも問題だったが・・。

常時開では、堰に溜まった

雨と一緒に汚染水が

漏れているか分らない

堰の中の雨水を

何も監視せず自由に垂流し

させて海へ放流していた

事になる。

いい加減にして欲しい。


東京電力の記者会見でも

その可能性を述べている。

原子力規制委員会の指摘を

受けてからは堰のバルブを

閉としたそうである。

言われればその指示に従う。

従っているだけで、

その事について次に

何が起こるか、その現象に

ついてどうアクションをするのか?

想像が付かない訳が無い。

東京電力の技術者は

そんな事が想像できない

馬鹿はいないはずだ。

では何故堰のバルブを

閉させた後に発生する、

雨水のオーバーフロー

について何もアクションを

起こさないのであろうか?

言った人の責任になり

後始末の担当者になるのが

怖くて言えないのか?

それとも、問題提起した場合

余りにも大きな問題が露呈

してしまう事を恐れてか?

東京電力が自らアクションを

起こさないのは、

自分で責任を取りたく無い為

なのだろうか?

” 堰のバルブを閉とする ”と

指摘をしたのは、規制委員会で

あって東京電力では無いとでも

言いたいのであろうか?

違うと思いたいが、あまりにも

お粗末で後手後手の対策には

ウンザリだ。

東京電力の汚名返上する為にも

自らが発案し、国から予算をもぎ取る

位の対策案を提示しても

問題無いのでは無いか!!

優秀な技術者の力を終結して

早く馬鹿な対策をせず

信頼される東京電力に

戻って欲しいと願う。

又同時に安全な福島の海の

実現に力を注いで欲しいと願う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

siodgp
2013年09月22日 13:34
汚染水問題を解決できる手段をもらっておきながら、政府は未だ握りつぶしている。

ttp://sunshine849.blog.fc2.com/

ttp://www.onpa.tv/2013/05/13/789-3

汚染水問題を根本的に解決したいなら、これらを公表する以外にはないでしょう。