本能寺

久し振りに頼山陽の「 本能寺 」を

吟じてみました。

音程は以前の物より安定しては

いますが、難しいです。

言わずと知れた、

本能寺で織田信長を打ち取る

前の明智光秀の心中と

それの結果を知っている

頼山陽の気持ちを漢詩に

込めている題材である。

画像


以下の頼山陽の紹介は

頼山陽資料館から抜粋した

内容。

頼山陽(らい・さんよう,1780~1832)は,

江戸時代後期の日本を

代表する漢学者で

,歴史・文学・美術

などのさまざまな

分野で活躍しました。

歴史の分野では,没後に出版された

『日本外史』がベストセラー

となり,幕末から明治初期の

人々に大きな影響を

与えました。文学の分野では,

数多くの詩文を作り,

川中島の合戦を

題材にした「川中島」

(不識庵機山を撃つの図に題す),

天草洋の風景を詠んだ

「天草洋に泊す(雲か山か)」の詩など

は幅広く愛誦されています。また,

美術の分野では,能書家として

著名で,絵画についても

「耶馬溪図巻」などの

優れた水墨画をのこしています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント