つなぐ~時を超えて笑顔を~

日本TVのイベントを見て

改めてブログにアップしたいと

思い書きました。

画像


自分も何か ” つなぐ ”と

言う事をしているのだろうか?

と振り返って見てです。

子供にそして社会に・・。

一つありました。

子供たち以外の事で

社会に ” つなぐ ”を

している物があります。

日本の伝統文化である

趣味の詩吟です。

先日、ブログへコメントして

頂いた「 花さん 」へも答えて

いますが、今その詩吟をする

人達の人口が減ってきています。

この文化を 「 つなぐ 」 為に、

そのつなぐと言う機会が少しでも

多くなればとYouTubeへ

詩吟をアップしています。

この日本古来の伝統文化を

守る為に・・・。

今回は、花さんの

依頼もありましたので


詩吟を習い始めた事に

一寸触れます。

好きで習う詩吟ではありますが

難しいと最初から思った事は

無かったです。

それは、難しいと

感じられるレベルになって

いなかった事もあり、

ひたすら必至で先生の真似を

していました。だから

自分が上手いか上手か

の感情は無かったです。

正直、下手と言う事は

判っていましたが、気にして

いなかったと言う事です。

既に3年目に入っていますが

今でもその基本は変わって

いません。以下の内容は

自分が習っていく上での心構え

としています。


1、先生から習った吟を真似して
  同じ拙著になるように
  何度も繰り返し練習する。

2、上手い下手は本当の
  実力が付けば他人が
  評価する事なので先ずは
  気にせず、基本を忠実に
  覚える事に徹底する。

3、声を大きく発声して練習する事。
  詩吟の教本では声出し10年と
  記載がありました。
  難しいですが、腹式呼吸を意識して
  練習をしています。
 
4、時間の許す限り練習する。
  朝と夕の通勤時間に車を利用
  しているので車中で大声を上げて
  練習しています。
  他人からは、変な人と思われる
  かもしれません。

5、上手い人の詩吟を沢山聞く事。
  色々な詩吟の大会を見学し
  良い吟を聞くと耳が肥えます。
  ある日突然、一皮むける時が
  あります。

以上が自分が実際している事です。
苦労した事はと言う質問が
ありましたが、好きなので苦労は
無いです。
難しいと言う思いは今でも
変わりが無いです。


皆さんも健康の為に又
日本の伝統文化を「 つなぐ 」
為に、詩吟を初めて見ては
いかがでしょうか?

この秋の課題吟の「家書を得たり」
をアップします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック