水素社会が現実的に・・・。

以前、ミライと言うトヨタの

水素燃料電池車の記事を

アップした事がある。

水素社会実現への

道がより近くなったと記載した。

それがより現実的な物に・・・。

改めて、今何故水素社会なのか

という問いの答えを

皆さんお判りでしょうか?

温暖化の原因は二酸化炭素

が主でそのもっとも影響力が

ある物が、化石燃料だと言われています。

昨今の気象変動にもその傾向が現れています。

2100年後の未来には

地球の平均温度が最大で

4.8℃上昇すると言われています。

このまま、何もせずに化石燃料を消費していると、

スーパー台風(風速50m/秒以上)の様な

台風が発生したり、海水温度が上昇したり、

海の酸性化が進むと言われています。

海の生態系が変わります。

海面が上昇します。

その様な異常を防止できるのは

水素社会の実現です。

燃料が水素なら残るのは水です。

勿論化石燃料のエネルギーによって

電気分解し水素を作ったのでは

意味がありません。

再生可能エネルギーの電力で

作る事に意味があるのです。

その様な水素社会の実現に

福島県では世界最大級の水素工場建設の

構想がされていると言う記事が掲載されました。

実現できれば原発事故のあった福島は

世界へ発信できる未来のエネルギー生産基地として

又、温暖化防止の先人の県として

今までの風評被害を払拭できる事になると

思います。

福島 万歳 !!

頑張れ・・・・。


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック