老人は良質のたんぱく質が必要

男女の平均年齢が香港の次に

世界で2位との事で

平均寿命が特に男性が

延びましたが、健康寿命は・・・。

健康寿命とは自立していて

元気な生活ができる状態を

意味しています。

画像


単純に意識があって生きている

平均寿命とではありません。

その為には、筋肉の維持が

必須です。

画像



足腰を若く保つ方法

筋肉増強栄養素を摂取しないと

運動が無駄になる?

これは、筋肉増強をする為に

運動しても特定の栄養を摂取しないと

筋肉量が低下すると言う

意味を示しています。

この筋肉量が減り運動機能が

低下する病状を「 サルコペニア症候群 」

と言います。

その「 サルコペニア症候群 」を

避ける為には、筋肉増強栄養素を

規則正しく摂取する事が必要。

筋肉増強栄養素とは「 ロイシン 」

「アルギニン」と言うタンパク質に含まれる

アミノ酸の一種で、(主にロイシンの摂取が大切)

この物質をとらずに運動すると

筋肉が分解し減少し「 サルコペニア症候群 」を

発症する可能性が大きくなります。

良く高年齢の人程、タンパク質(肉類)を

摂取しなければならないと

言う意味はそこにあります。

その為には、摂取方法が大切で特に

 朝、その物質をとらないと

1日のロイシンのバランスが崩れ、

夕方摂取しても筋肉分解を

まねくとの事です。

又高齢者は栄養吸収能力が

低下している為で、良く食べて運動する

ことが大切。タンパク質も若者より

2倍多く取る必要がある。

但し、脂質異常やカロリーオーバーの

懸念もあるのでその注意が

必要。

「 ロイシン 」が多い食べ物は、

魚類(アジ、鮭、サバ等)、肉類、大豆が

あります。

できれば、朝に鮭等、高野豆腐、

鰹節、大豆を多く含む味噌汁等

必ず一品朝食で摂取する事が大切。

因みに、鰹節には「 ロイシン 」

「 アルギニン 」の両方が含まれて

います。疲労回復物質のアルギニンも

取れる鰹節を旨く利用すれば

相乗効果が生まれます。

程々に頑張りましょう。

過ぎたるは及ばざるが如しです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック