柘榴坂の仇討ち

先週BSムービーを

録画していました。

沢山撮ったので少々夜更かしして

その中の時代劇がテーマの映画を

鑑賞しました。

画像


時代は江戸末期から明治

初頭の話です。

桜田門外の変のその後を

描いた短編小説です。

近年の桜田門外の変を

テーマとした小説や映画化された物は

自分が知りうる限り、この題材を含め

2本でした。

暗殺を行った水戸藩浪士のその後と

殺害された側の彦根藩士のその後です。

この「柘榴坂の仇討ち」は

暗殺された側の彦根藩の藩士に

スポットを当てた物です。

映画の中で死闘をするシーンは

少ないが見終わった後に

涙が出るのは何故だろうか?

命に変えて主君を守る事が

できなかった苦悩と

主君を慕って追腹する行為が

武士の本望とし許されなかった

苦悩。仇討ちを命じられた

武士の意地と主君への思い。

一方、暗殺と言う大罪を犯し

負傷により自害できず

死に場所を探しながら

生きながらえている苦悩。

時代が変わり、明治となり

世は変われど武士の

本質は変わらない二人の

生きざまが描かれている。

今の時代には無い事では

あるが、その日本人の心が

手に取る様に判る為に

涙するのか?

上手く表現できない、

ノンフィクションではないが

素晴らしい映画だとおもった。

奇しくも・戊辰戦争150年である。

その前に・このような歴史的な

出来事があったからこそ、今がある。

そんな事を思い、見終わって

漢詩を思い出した。

今日は、井伊直弼を暗殺した側の

実在した水戸藩浪士佐野 竹之助が

大儀の志を持って故郷の兄弟に

別れを告げ旅立つ姿を漢詩にした

「 出郷の作 」 を吟じてみます。 

作 佐野 竹之助

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

てんどう★よしみ
2018年04月22日 21:05
ご無沙汰しております。
久々にブログ拝見し楽しみに溜ていた『詩吟』を聴かせて頂きました。継続は力ですね。

昨日混雑する米沢道の駅に…長~いトンネル内での事故直後の様子を目の当たりにしました。
これから行楽シーズンです。
マスターも安全運転、心掛けて下さい。
少林寺マスター
2018年04月24日 18:30
よしみさん
コメントありがとうございます。
当方は、トビトビのカレンダー通りの
お休みです。
最近は、出かけるより迎える事が、多くなりましたかが、近くへ出かける時もあるので、ちゅういします。
よしみさんも、気をつけて(^_-)
てんどう★よしみ
2018年05月17日 18:42
吟:少林寺マスター♪
作:佐野竹之【助】
(?_?)だと思います。
少林寺マスター
2018年05月17日 19:55
てんどうよしみさん。
シッカリ見られていますね・・・。
指摘ありがとうございます。
正しく修正しました。
次回も同様の事ありましたら
連絡戴くと助かります。
ありがとうございました。
てんどう★よしみ
2018年05月19日 11:47
些細な事、すみません。
てんどう★よしみ…体は大きいですが
ハートは小さいの…。
(^_-)-☆

この記事へのトラックバック