白虎隊自刃の日

昨日の8月23日は、白虎隊自刃の日

との事でした。

1日遅れでアップします。

画像


慶応4年(1868年)の鳥羽伏見の戦い後

、会津藩では軍制をフランス式に変え、

精神論ではなく戦力に重きをおいて、

玄武隊、青龍隊、朱雀隊、白虎隊の

年齢による組織に改め、力を注いでいました。

当時、会津藩の男子は、10歳になると

藩校日新館に入学するきまりになっており、

白虎隊の隊士達は、この日新館で学んだ

16から17歳の少年達で編成されていました。

当初は、朱雀隊を主力として第1線に配置し、

それに続く青龍隊に国境を護らせ、玄武隊、

白虎隊、幼少隊は その予備に廻るという

布陣でありました。

したがって、白虎隊は実際の戦闘に出る

予定はなく、主に城中の警護にあたっていました。

しかし、戊辰戦争が始まり、戦場が会津に移ることで、

藩主松平容保は、白虎隊に出陣命令を下しました。

一方、日新館は、戊辰戦争の激化に伴い閉鎖となり、

臨時病院として使用されるようになりました。

その後、戸ノ口原の戦いに敗れた白虎士中二番隊は、

炎に包まれた鶴ヶ城を眺めながら、

飯盛山で壮絶な最期を遂げました。

画像


それが1868年(明治元)年のこの日8月23日

でした。

会津藩校日新館ホームページより抜粋

今年は戊辰戦争から150年の

節目の年である。

この歴史があり今がある。

白虎隊の御霊に吟詠を捧げます。

白虎隊  佐原盛純(さわら もりずみ)作

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック