お疲れ様の食事会

7月7日に、約30年近く一緒に

仕事をして戴いた先輩へのお礼として

お食事会へ招待しました。

本人の希望で、平窪の木々

(モクモクと言うそうです。)

で食事をする事になりまし。

自分は初めてでしたが、ログハウス造りの

お店で落ち着いた雰囲気があり、

気にいりました。

IMG_20190707_110358.jpg

IMG_20190707_110402.jpg

IMG_20190707_110414.jpg


車で入ると入口が狭いですがお店の前に

10台は止められ駐車場があり、

更に大型バスが何台でも

駐車できそうな、第二駐車場もありました。

席を予約をし、11時迄に集合する事に

なっていました。

少々余裕をもって現地へ着いた事もあり

予約席へ案内され外の景色を暫く

眺めていましたが待てど暮らせど、

姿が見えいどころか連絡もありません。

外へ出て連絡をしてみると、

お店の中にいると

言う返事が・・。

どんだけ広いんだ (^^;

ところが、居た場所は自分と

背中合わせの場所で

待っていた事がわかって。

大笑いしました。

お店の方が先行で来た来賓2名を

予約と言う言葉を聞き逃し

一般席へ案内してしまった為です。


30年近くですから話ははずみ

食事をしながら、お店には2時間を超える

位に予約席を占領しておりました。

IMG_1204.JPG
IMG_20190707_112840.jpg

最も、亡くなったお母さん(お婆さんの代)

からの仕事の着きあいですから・・・・。

娘さんの結婚式へも招待にあずかりました。

そんな彼女は、花を生けたら本当に

素晴らしの一言です。野山に咲いている

素朴な花を一寸つまんできては、

階段の角にある

一輪挿しの花瓶へさり気なく

飾っていた物でした。

その花瓶は私が作った物でしたので

毎回何が飾ってあるか楽しみに

しておりました。

シンプルなんですが、わびさびがある

感動的な生け花です。大げさに言うと

心を生けている感じが読み取れました。

そんな話で盛り上がって帰りには

自分がお土産を逆に一杯もらって

しまいました。

IMG_1206.JPG

ありがとうございました。

これからも、お付き合いお願いします。




この記事へのコメント