風呂釜の故障

先日 実家の灯油用風呂釜が壊れた。

購入して10年は少なくても、経過している。

その間色々なトラブルが発生したが、全て自分で修理した。

点火装置、感震装置、フレームアイ、点火トランスと・・・・。

今は製造中止となって7年以上経過している為、

部品の在庫も無い。仕方が無いので購入する事にした。

ネットで調べて見ると、ノーリツ、サンポット、長府の

3社が製品としてラインナップしている。

仕様を調べると、ノーリツが10年設計で耐久性や

設計年代も新しく温度設定もできる。

値段もほぼ一緒だ、結果的にノーリツが一番良いと

思った。

今、原子力の問題で電気の制限が続く中、オール電化にするのも

問題である。電気だけでエネルギーを確保しようとすると

原発を運転しなければ電力が不足する。

温暖化についての対策なら原子力は二酸化炭素を

排出しないが、方向性は原発廃止である。

これからは、省エネと二酸化炭素の排出を抑えるのであれば

再生可能エネルギーと言いた。

しかし、その道のりは長い。

その間にLPGやLNGが有効な手段となるに違い無い。

電気の使用量を少なくする為に、エネルギーを分散して使用

するべきだと思う。







"風呂釜の故障" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント