未来が来た。

先日 トヨタから燃料電池車が

発表になった。

販売は、今年の12月15日から

で、一般向けは世界で

一番最初だそうだ。

その車両名は ” ミライ ” 

その名の通り、まさに未来の車だ。

燃料が燃焼すると完全に水になる。

水素燃料の燃料電池車だ。

画像


ワンモデルタイプで売価は

723万円だそうだ。

庶民には手が出ない。

しかし国から(経済産業省から)

補助金が出て実質、

520万円代になるとの

事だ。現在燃料電池の燃料は

水素の為、一般にあるスタンドでは

供給できない。

今、TVでエネゴリ君のコマーシャルを

しているメーカーが積極的に

水素ステーションを設置している.。

ワンチャージで650Kmは

走行できるとの事。

当面は、都心中心で東京、名古屋

大阪、福岡の大都市圏を中心に

販売するそうだ。

この燃料電池車が車の

主流になる迄は

PHV

(プラグイン、ハイブリット、ビーグル)

HV車、クリーンディーゼル

がその荷を負っている。

将来燃料電池の普及率が

向上する為には、燃料が

安価で安定的な物にならなければ

現在のPHV車やHV車

クリーンディーゼル車には

勝てないと思う。

次の車は何を買うか

又一つ楽しみが増えた。

"未来が来た。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント