VRの帰還

先月中旬にシマノ製 ARC-VRの

S1008Mロッドの#2に傷があり

保証期間が残り少ないので

交換の依頼をした。

このロッドはダイワのロッドと

比較すると少々重い為、

購入してからオクラ入りになっていた。

そんな中、ダイワのロッドも

不具合が発生し

修理に出す事になり

その間の代替えとして使用していた。

継続して使用して見ると

使いかってが重さを超越して

まるで鋼の様な響きが

手元に伝わってくる。

腰が強いのだ。

すっかり虜になり

修理から戻ったダイワの

ロットには見向きもせず、

ARC-VRばかり

使用している。

ある日手入れをしていると

傷を発見したので、修理依頼をした

と言う事が経緯である。

ついでに#1に長手方向へ垂直に

傷があったので、点検して頂く事になった。

場所はこんな感じです。

#2の傷

画像


#1にはこんな感じで・・。

画面をアップして見てください。

イメージ画です。垂直に綺麗な線が

入っています。釣りをしていては

絶対発生しない傷です。

画像


本日、帰還してきた。

#2は保証で交換するが

5000円(税抜き)は自費で補てん

する必要がある。

#1はと言うとシマノの製造工程

で問題があり亀裂が入ったので

無償交換しますと以下の説明書

付きで戻ってきたのだ。

画像


まともに修理で交換すると

とんでも無い金額になる。

先ずは良かったと言いたいところであるが、

戻ってきた#2と#1を良く見てみると

#2にはまったく問題なかったが

無償提供された#1については

コミの部分(#2に差し込まれる部分)

に亀裂の様な物が見える。

これって何だか不安だな・・・。

無償だから仕方ないが

折れては元もこも無い。

原因がシマノにあり無償で

交換したはずなのだから・・・。

証拠として写真を撮って

ブログにアップしておくことにした。

写りが今一つだが

差し込み部分の方向に

一直線上に亀裂の様な物が

見える。写真で見ると難しいが

肉眼で見るとより鮮明に見える。

人間の目はやっぱり素晴らし。(^^;

画像


しばらく様子を見る事にした。

"VRの帰還" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント