ディーゼルエンジンの復活

トヨタランドクルーザープラド

のマイナーチェンジでトヨタは

8年振りにディーゼルを

復活すると確定した。

以下は、日刊自動車新聞の一部

抜粋である。

画像


トヨタ自動車は、2015年度を

めどに国内市場に

ディーゼルエンジン

(DE)車を復活させる。

「ランドクルーザープラド」

の改良に合わせ、DE車を

設定する。

トヨタが国内の乗用車にDEを

採用するのは8年ぶり。

新開発の「GD型」エンジンを

搭載し、日本市場向けに

排出ガス浄化性能と

走行性能を高い水準で両立した

DE車に仕上げる。

DEは2000年代に

環境規制が強化されて以降、

日本では一部のメーカーしか

手がけていなかった。

最大手のトヨタの再参入は、

DEの復権にもつながりそうだ。

以上が紙面の概略。

メルセデス・ベンツも

2015年にディーゼル

ハイブリッド車を

含む8車をラインナップする。

エコカーは、ハイブリット

プラグインハイブリット

ディーゼル、ディーゼル

ハイブリットと賑やかに

なってきた。

特にディーゼルエンジンの

復活は素晴らしい。

"ディーゼルエンジンの復活" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント